新築・注文住宅 鹿児島 カマダの家トップへ ->   -> 資金・住宅ローンのこと

資金・住宅ローンのこと

家づくりを始めようと思った時、まず最初に気になるのは資金・住宅ローンのことではないでしょうか?

ほとんどの人にとって家づくりは初めての経験です。実際にかかる費用はいくらだろう?自己資金(頭金)はどれくらい必要なんだろう?住宅ローン?税金?などなど、分からないことだらけだと思います。

だからと言って、家づくりをあきらめないで下さい!

家づくりとは大きな買い物ですので、お客様にあった正確な資金計画が必要になります。

家づくりにまつわる2つのポイント


ポイント1「家づくりに必要な資金」

土地の費用→土地代、登記費用、税金、仲介手数料
家づくりの費用→本体工事費、解体費、地盤改良工事費、外構工事費、給排水
その他費用→ローン諸経費、火災保険、登記費用、税金など

ポイト2「家づくりの資金調達」

自己資金→お客様がご用意できる資金のことです。カマダの家では自己資金がなくても住宅ローンを組める方法があります!

住宅ローン→銀行などから借り入れをする資金のことです。現在、住宅ローンは数千種類もあり、どれを選ぶかによっても返済金額が大きく上下します。


もし、「資金計画で絶対に失敗したくない」とお考えのお客様は、「資金相談」をご依頼ください!

お客様の家づくりに役立つ情報をお伝えします。

私たちは住宅ローンを組めるのでしょうか?

「なぜ?私たちはローンが組めないの!?」

「私たちは住宅ローンが組めるのでしょうか?」

最近このようなご相談が、増えてきました。残念ながら、様々な原因で住宅ローンが組めず、家づくりをあきらめてしまっている方が非常に多いです。

実は住宅ローンが組めない方には以下の原因が考えられます。その原因に対する解決策がカマダの家にはあります!


住宅ローンが組めない6の要因


1.税込の年収が300万円以下

住宅ローンを組む上で一番最初に重要視されるのが「年収」です。

しかし、税込年収が300万円以下の方は住宅ローンが組めないのでしょうか?

そんな事は決してありません。

カマダの家では税込年収が300万円以下の方でも住宅ローンが○○○○万円まで組めます。詳しくはご相談ください。



2.自己資金(頭金)が少ない、またはゼロ

住宅ローンを組む際に

「自己資金が少ないとダメだ」「自己資金がゼロだったら住宅ローンなんて組めない!」

と思われているお客様が非常に多いです。

カマダの家では自己資金(頭金)が無くても大丈夫な方法をご提案いたします。



3.車のローンがある

車を購入する際の支払いは、ローンを組む割合が6割以上と言われていて、返済期間も平均で3年~5年が多いようです。

住宅ローンを組む際に車のローンがあると組めない可能性が高くなりますが、カマダの家では車のローンがあっても住宅ローンが組めるようなご提案をいたします!



4.キャッシング、リボ払いの支払いがある

キャッシングの利用者人口は1,200万人とも言われ、実に国民の1/10にもなっています。
利用者の年齢も30代40代が多く、ちょうど家づくりを検討される年代です。

カマダの家ではキャッシング、リボ払いの支払いがあっても住宅ローンを組む方法があります。



5.クレジットカードの支払いが遅れたことがある

買い物の支払いや公共料金の引き落としなど、クレジットカードは様々な場面で使われていますが、銀行口座の残額不足などにより支払いが遅れた事がある場合、住宅ローンを組むのは難しくなります。

カマダの家ではクレジットカードの支払いが遅れた事があっても住宅ローンを組めるようご提案いたします。



6.自営業を営んでいる

自営業の方の場合、開業年数や売り上げなどに関係なく、住宅ローンを組むのが大変難しいのが現状です。

カマダの家では自営業を営んでいる方でも住宅ローンを組む方法があります。



この中に当てはまる人は家づくりを諦めなければならないのでしょうか?

そんな事はありません、カマダの家では方法があります!



もし、「私は住宅ローンが組めるのかな…?」と思っているお客様。

「他の住宅会社で住宅ローンが通らなかった」というお客様。

ぜひ当社にご相談ください。そしてご家族皆様で楽しいマイホームを手にいれてください。

カマダの家が皆様の資金計画・家づくりを、全力で応援いたします。
ぜひ一度、見学会や資金計画相談などにご参加ください。


新築・注文住宅 鹿児島 カマダの家トップへ ->   -> 資金・住宅ローンのこと
資料請求
メディア掲載 雑誌に掲載されました!

メディア掲載 雑誌に掲載されました!

midorinokoumuten.jpg
「かごしま緑の工務店」に登録されました。

Valid XHTML 1.0 Transitional

正当なCSSです!