たくさんのこだわりがある。素材、デザイン、快適さ…。
カマダの家は、木の温もりを感じながら自然体の暮らしを育む=自由木ままな家づくりをカタチにする。
住まう家族にずっと愛される、鹿児島の自然と調和した住まいをデザインします。

地震の揺れを半分以下に低減する金物

地震大国日本。阪神・淡路大震災、東日本大震災、身近なところでは熊本地震…いずれも多くの建物が被災し、地震の影響が比較的小さいとされていた地域でも建物の耐震性の見直しが急務となっております。
木造建物は一度大きな力を受けると剛性・耐力が低減する特性があり、大きな余震に耐えられるか定かではありません。
そこで繰り返し荷重にも安定したエネルギー吸収性能を発揮する“制震構造”が有効です。
ただ従来の商品・技術では『適用した場合の効果・評価が曖昧』『比較的高価である』『設置に特別な技術が必要』『粘弾性体の物体が明確ではない』という現状がありました。
これらの背景を踏まえ、容易に安価で日本の木造住宅の制震化をはかり、尊い命と大切な財産を守りたい一心で地元の第一工業大学が開発したものが制震デバイス DIT制震金物です。

性能と効果

地震発生の瞬間から揺れ幅を半分以下に低減。財産・人命確保に威力を発揮。

具体的にどのような商品かご説明しますと、筋違いを軸組に取り付ける金物に注目し、金物の一部分を切り欠いて塑性変形を集中させる部分(ブリッジ)をつくり、さらに、高減衰ゴムも付加した物です。
その結果取り付けが簡単という利点をそのままに、筋違いに高い塑性変形能力と減衰機能を付与する事ができました。
エネルギー吸収性能の高いデバイスを商品化した制震デバイス『DIT制震金物』は、数多くの振動台実験を重ね、数値に裏付けされた耐震性能を発揮し、公的機関による性能認定を取得しました(HP認定 (木)-15-004)。
このDIT制震金物を設置することにより、地震発生の瞬間から振れ幅を半分以下に低減。大切な人命・財産を守ります。

はじめての家づくり何からしたらいいのかわからない、現在の住まいの悩みを解決したいなど、
新築・リフォーム・土地の事ならどんな些細なことでもお気軽にお問合せください。
お問い合わせ内容の確認後、担当者よりご返答させていただきます。

受付時間 8:00〜18:00