2008年01月28日 « 新築・注文住宅 鹿児島 カマダの家トップへ » 2008年03月10日

2008年01月29日

はじめての家づくり

ステップ1
現場を見ることが家づくりの第一歩です!あなたは、家がどうやって建てられるか知っていますか?

はじめて、私たちカマダの家を訪ねてこられるお客様は、大きく分けて2つのパターンがございます。
家づくり
1.住宅雑誌やインターネットで情報だけをものすごく調べられているお客様
2.家を将来的に買いたいと思っているけど、よくわからないお客様

一番重要なことをいいます。まず最初は、家をつくっている現場をみる!あなたが最初にしなければいけないことはこれだけです。

構造見学会もしくは完成見学会どちらでも構いません。とりあえず、実際に家を見てください。雑誌やインターネットではわからない生の情報を知ることが出来ます。どんな人が家を建てているか?いろんなことがわかります。

もちろん、見るのは一回だけでなく、納得できるまで、何度でも足を運んでいろんな家を見てください。あなたにとって、一生に一度の大きな買い物です。後悔だけは決してして欲しくないのです。

あなたが家を建てるときに最初にすること、それは「実際に家を建てている現場に行く!」です。

イベントに行く

ステップ2

家の価格はどうやって決まるのでしょうか?家は本当はいくらなのでしょうか?
家の価格
34歳のある上場企業に勤めるお客様の話です。

そのお客様は、最近二人目の子供ができ、アパートも手ぜまになってきていました。年も30歳を超え、そろそろ家を購入したいなとおもっていました。そこで、テレビでよくCMが流れている大手ハウスメーカの展示場に行ったそうです。アンケートを書き、展示場を見て回っていました。

すると、男性営業マンが話しかけてきたそうです。色々と話をしているうちに、その営業マンの印象も非常によかったので、見積りをもらうことになりました。

その見積り金額をみて、彼はびっくりしました。

おおざっくりで、3,000万円といわれたそうですその後、彼は地元にある住宅会社の見学会にいき、そこの社長と知り合いました。そこで、彼が同じくらいの家を建てるのに聞いた金額に驚いたそうです!!

約1,000万も違うのです。
金額の差
彼の奥さんや彼の希望を十分に満たし、価格がこんなに違うのです!

彼は思ったそうです。


家を買う時は、展示場に行って話を聞くだけでなく、家をつくるプロ(工務店など)に相談することも大事だと。

今回、彼が家をつくるプロ(工務店)にお願いする時、いきなり電話をかけるのは怖かったので、資料請求をしたそうです。もし、あなたが家つくりで失敗したくないと考えているなら、一度、家をつくるプロ(工務店)に資料請求をすることをオススメします。

資料請求する

ステップ3

家を買うことは、人生に一回あるかないかの買い物ですよね。この資金計画を間違えると幸せになるために買ったはずが、一歩間違えると苦しい人生になります。
ローン
たとえば、ローンを払うために

・夏休みや冬休みに楽しい旅行に行けない・・・
・お小遣いを減らされ、飲み会やゴルフなどのお付合いにいけない・・・
などなど

家を買うことで、多くのことを我慢、我慢、我慢!!

耐えられますか?やっぱり毎日の生活は、余裕がある方がいいですよね。しかし、あなたのことを考えていない営業マンから家を買った場合、予算ギリギリの家を買わされ、夢見た幸せな生活がおくれなくなります。

せっかく幸せになるために買った家が、不幸のはじまりとなってしまうのです。もし、あなたが幸せな家族計画をお望みであれば、ぜひご相談ください。ベテラン営業マンが絶対に教えない住宅ローンの秘密を特別お話いたします。

詳細は、こちらから気軽にお問合せください!


2008年01月28日 « 新築・注文住宅 鹿児島 カマダの家トップへ » 2008年03月10日
資料請求
メディア掲載 雑誌に掲載されました!

メディア掲載 雑誌に掲載されました!

midorinokoumuten.jpg
「かごしま緑の工務店」に登録されました。

Valid XHTML 1.0 Transitional

正当なCSSです!